キャッシング,金利上限

即日キャッシング賢い利用のポイント

プロフィール

キャッシング,即日

Author:cashingevangelist

キャッシングの基礎知識をしっかり理解し、安心で便利な即日キャッシングを賢く活用しましょう。

即日キャッシングはありがたい存在です。

さまざまなキャッシング会社が、キャッシングサービスを使いやすく工夫しています。インターネット接続環境があれば簡単に申込みができ、その日のうちに口座に入金され、しかも一定期間無利息というキャッシングサービスもあります。

ただし、借金は借金です。返済までの責任意識をしっかり持って、即日キャッシングと賢く付き合っていきたいものです。

キャッシング,即日

キャッシング・サービス


Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

キャッシング,金利上限

キャッシング,金利上限


キャッシング会社が金融商品について、広告をおこなったり、融資の説明をおこなう場合、実質年率を用いて表示をしなければならないことになっています。
表示しなければならない実質年利には、元金にかかる金利の他、手数料や書類作成費などが合算されます。
表示される金利には、諸費用をすべて含めるように定められているためです。
こうした決まりがあるため、実質年率を低く見せかけることはできないようになっています。


家電品などの購入など、ショッピング・クレジットの時に使われるキャッシング金利については、アドオン方式での計算が行われています。
アドオン方式の場合も実質年率で表示するよう決められています。
アドオン方式で算出した利息を実質年利に換算した表示が行われるため、他の金融商品との金利を比較しやすいようになります。


出資法は、実質年率の上限を29.2%にするように決めています。
そのため、実質年利が29.2%を超えるキャッシング会社は、違法な貸し金を行っているヤミ金融ということになります。


しかし、実質年率を比較してせっかく金利の安いところからお金を借りたとしても、返済が遅れて延滞料が生じてしまいますと意味がありません。
延滞料は借りる金利よりも高額に設定されている場合が多いので、低金利のキャッシング会社を選んでも意味がなくなってしまうことがあります。
返済が遅れて高額の延滞料を支払うようなことにならないように、返済の見通しはしっかりと立てて、計画的に返済しましょう。

検索

カスタム検索

ブログ・ランキング

ブログ・ランキングに参加しています。

ブログ人気ランキング ブログ王
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング

Infotopランキング

Powered by Seesaa
Copyright(C)即日キャッシング賢い利用のポイントAll Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。